メニュー

心不全

心不全とは、心臓の働きが悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮め
る病気です。

原因

心臓は、いろいろな原因で働き(血液を全身に送り出すポンプ機能)が悪くなります。

悪くなる原因としては、

① 血圧が高くなる病気(高血圧)

② 心臓の筋肉自体の病気 (心筋症)

③ 心臓を養っている血管の病気 (狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患) (心臓の燃料が足りないために起こる)

④ 心臓の中には血液の流れを一方向に保つ弁がありますが、その弁が狭くなったり、 きっちり閉まらなくなったりする病気(弁膜症)

⑤ 脈が乱れる病気 (不整脈)

心不全になる前の予防のために、また心不全になった後の再発予防のために、それぞれの病気には、それぞれに適した治療法があります。

症状

心不全の初期によく見られる症状が、運動時の息切れや、両足、特に脛の前面や足首、 足の甲を指で抑えると、くぼみができるようなむくみです。むくみは両方の足に出現することが 特徴です。

その他には、「疲れやすい」という症状もあります。また、体の中に多くの水分がたまりますので、その分、体重も急激に増えます。

経過

心不全を発症しても、適切な治療 によって、一旦、症状は改善する場合が多いです。

しかし残念ながら、心不全そのものが完全に治ることは なく、症状がぶり返すことがあります。

過労、塩分や水分の摂りすぎ、風邪、ストレスや、 薬の飲み忘れなどにより心不全の症状が悪化、あるいは再発しやすいので、定期的な検査や注意が必要です。

診断・治療

上記のような背景や症状、経過、診察、検査結果などにより診断します。

治療については、利尿薬や心保護薬、強心薬などの投薬治療が中心となります。

 

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME