メニュー

生活習慣病について

生活習慣病生活習慣病はかつて成人病と呼ばれたもので、生活習慣(食生活、運動、飲酒、喫煙など)が主な原因であるといわれています。

生活習慣病から来る病気・疾患

糖尿病、高血圧症、肥満症、脳卒中、心臓病、高脂血症(脂質異常症)、動脈硬化症、痛風(高尿酸血症)など。

当院の治療方針

医学的な根拠に基づいた生活習慣の指導をいたします。生活習慣病の治療は、まず、日常生活の改善から始めます。日常生活の改善を土台として、必要に応じてその上に薬などによる治療を積み上げて行きます。今までできなかった健康的な生活を継続していくことは、簡単なことではありませんが、日々の経過を患者さんと一緒に二人三脚で歩んでいくことを心がけます。

また、重篤な糖尿病など、高度な医療機関での治療が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介し、紹介病院と十分な連携を取りながら、治療をすすめていきます。

 

ひとこと

すでに出来上がっている習慣を壊して、新たな習慣を作り上げ、身体に染み込ませないといけないので、生活習慣病の治療は本当は非常に難しいです。

薬を使って血圧、コレステロール、血糖などを下げますが、その基礎となる土台に食事や運動といった生活習慣の改善がなければならないのです。

習慣の改善のため生活指導をしますが、かくいう私も体重が増えてきており、人のことを言える立場ではないとお叱りを受けるかもしれません。マスコミに出るような肥満治療の医師が肥っているように、医師という立場上、とりあえず自分のことは棚に上げないと何もできないのです。私も、なんとか痩せようと努力をしようとしていますが、難しいです。甘えや怠けが出てきます。毎日忘れずに薬を飲んで、きちんと指導を守られている患者様を診察する時には、尊敬の念が湧き上がってきます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME